• はてぶ
  • あとで
群馬にこんなところがあるなんて。神秘的すぎる“草津白根山の湯釜”が気になる

群馬県と言えば関東有数の温泉地でもあり、また火山が多い地域でもあります。ネットでは‟未開の地”としていじられることもある群馬ですが、隠れた名所がたくさんある素敵なところでもあります。そんな名所の中でもとりわけ美しいのが草津白根山の湯釜です。美しくもあり、恐ろしくもあるその魅力を群馬県出身の筆者が紹介していきます。(※掲載されている情報は2017年11月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

都心からのアクセス抜群の秘境・群馬

ネットでは未開の地・秘境やらといじられる群馬県ですが、東京から新幹線で1時間ほどで着くほどアクセスも良く、在来線でも2時間ほどで行けるので、リーズナブルなお出かけスポットでもあります。
群馬は都心に近いながらも自然が豊かです。その代表的なものと言えるのが温泉でしょう。日本3大名湯と言われる草津温泉が特に有名ですね。ですがその草津温泉の近くに、自然が作り上げた美しい絶景があることをご存知でしたか?これから群馬を知り尽くした筆者がその美しい絶景を紹介していきます!

“群馬のエメラルド”草津白根山の湯釜

草津白根山は吾妻郡草津町にある標高2160mの活火山です。山頂では天候にかかわらずとても美しいエメラルドグリーンの湖・湯釜を見ることができます。荒涼とした大地にぽっかりと浮かぶエメラルドグリーンの湖はまるで違う星に来たかのように錯覚してしまいます。
湖面は日が差すと乳白色に、日が陰るとコバルトブルーになるなど、天候や日差しによって違う一面を見せてくれます。その光景はまるで宝石のよう。冬期は閉鎖しているので、5月から11月の半年ちょっとしか見学できない貴重な景色です。雪が積もりだす時期には樹氷も見ることができるので、別世界感に拍車をかけます。夜にはきれいな星空も見ることができるので、天文ファンからも人気が高いです。

美しくも恐ろしい湯釜

この美しいエメラルドグリーンですが、その正体は世界有数の酸性湖です。火山ガスが水に溶け込み硫黄に変化し、この幻想的で美しい色を作り上げました。その酸性の強さはというと、釘が一日で溶けてしまうほど!酸度が強いため冬でも凍ることがありません。もちろん近くに立ち寄ることも禁止されているので、近くの展望台からその絶景を楽しんでください。
またこちらの湖はこの夏3年ぶりに立ち入り禁止が解除されました。草津白根山はまだ活動している火山なので、火山活動の影響で噴火警戒レベルが上がり、ここ数年は湯釜を見ることすらできませんでした。宝石のように美しい湖ですが、その裏には金属を溶かすほどの強い酸性湖と、活火山という2つの裏の顔を持っています。その恐ろしさも相まってこの幻想的な光景を作り出しているのかもしれませんね。

美しい湖を見に行こう

群馬の隠れた名所、草津白根山の湯釜まとめはいかがでしたか?群馬の自然が作り出した宝石ともいえるこちらのスポットは、関東にいながらにして異世界感を味わうことができます。幻想的なエメラルドグリーンの湖は必ずしも見に行けるわけでもないので、行く際には事前に調べてから向かってくださいね!
(※掲載されている情報は2017年11月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

marroncreamもんぶらんおいしい

このまとめ記事に関して報告する