• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
おしゃれな路地裏の"マンヂウカフェ"?神楽坂の古民家カフェ"ムギマル2"とは

都内でも「おしゃれなスポット」といえばすぐに候補に上がる街、神楽坂。素敵なお店がたくさんある印象は、みなさんお持ちなのではないでしょうか?今回は、筆者がそんな神楽坂を散歩しているときに出会った、不思議で魅力的なマンヂウカフェ、ムギマル2についてご紹介します。 (※掲載されている情報は2017年12月に公開されたものです。必ず事前にお調べください。)

このまとめ記事の目次

おしゃれ街歩きスポット"神楽坂"

東京でも屈指のおしゃれスポットといえば「神楽坂」。大通りはお店と往来する人でとても賑やか、裏の路地に入れば落ち着いた雰囲気が味わえる大人な街。思わずふらふらとお散歩したくなってしまうような魅力が、神楽坂にはあります。
パリを思わせるような街並みや昔ながらの雰囲気を感じさせる石畳の道など、見どころはとにかくたくさん。おしゃれなカフェが多いイメージも強い神楽坂ですが、「マンヂウ」をウリにしている「古民家カフェ」があること、みなさんはご存知でしょうか?

思わず足をとめてしまう外観

飯田橋駅から神楽坂方面へ早稲田通りをずっとのぼり右手の路地に少し入ると、突然現れる蔦にびっしりと覆われた古民家!道にせり出した蔦はもちろん、「お茶とマンヂウのひとときをどうぞ」という看板の一言のインパクトに思わず気をとられてしまいます。
夜になって周りが暗くなるとより一層不思議な雰囲気が強くなるので、たまたま通りがかっただけでもつい足をとめて寄り道したくなってしまいそうです。

不思議な雰囲気漂う古民家カフェ

photo by mogumogu_tekuteku
蔦の奥に隠れたドアをゆっくり開けると、物語の世界に迷い込んでしまったかのような不思議な空間が広がっています。ドアを開けるときのギギーッという音も、わくわくする気分を盛り上げてくれるかもしれません。

1階

2階

photo by mogumogu_tekuteku
様々な本や雑貨、小さな机と椅子がぎっしり詰まった1階と、こたつや大きなテーブルのある2階のお座敷席にわかれています(2階へは靴を脱いであがります)。店内には看板猫たちもいるので、気まぐれな猫ちゃんたちにも癒されること間違いなしです。筆者が訪れた際には、掘りごたつのなかでのんびり寝ていました。

もちもちの"マンヂウ"とドリンクと

そんな古民家カフェ「ムギマル2」で食べられるのが、もちもちのおまんじゅう。プレーンなつぶあんからさつまいも、抹茶、よもぎ生地にチーズが入ったものなど、様々な味のおまんじゅうが楽しめます。
photo by mogumogu_tekuteku
おまんじゅうはどれも生地がしっかりしていてもちもちで、中の餡子もたっぷりで満足感があります。おまんじゅうに合う抹茶や煎茶、豆乳チャイなどドリンクメニューも豊富。コーヒーや紅茶、お酒もあるので少し立ち寄って1杯だけ飲み物を飲みたいときにもおすすめです。

ゆったりくつろげる空間

甘いものとおいしい飲み物が味わえて、雑貨がたくさんあって猫もごろごろしている古民家カフェ、まるでおばあちゃんの家に来たときのような感覚が楽しめます。都会の喧騒から離れて、ゆっくり過ごしたいときに訪れてみるのもいいかもしれません。

神楽坂のマンヂウカフェに行ってみよう

いかがでしたか?神楽坂の路地裏にひっそりと佇むマンヂウカフェ、ムギマル2。不思議な雰囲気たっぷりな反面、どこか落ち着く空気感を漂わせている素敵な古民家カフェです。この記事を読んでムギマル2を知った方、なんとなく気になってしまった方、ぜひ一度お店の前まで足を運んでみてください。

詳細情報

  • 東京都新宿区神楽坂5-20
  • 0352286393

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する