• はてぶ
  • あとで
これであなたも鍋マスター!東京都内の冬のおすすめ鍋の名店ジャンル別にご紹介

みなさんこんにちは。冬が近づいてきて、本格的に寒くなってきましたね。冬と言えば鍋がおいしい季節です。そこで今回は東京都内の絶品鍋の名店をジャンル別にご紹介します。デートや女子会、友達と行くのにも参考にしていただけたら幸いです。(情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【肉鍋編】

まずご紹介するのは、みんなが大好きなお肉たっぷりの鍋です。冬はエネルギーが不足しがちですよね。栄養満点のお肉をたくさん食べて、元気に冬を乗り越えましょう。東京都内の肉鍋をご紹介します。

【1】肉庵 小滝野 / 白金高輪

まずご紹介する肉鍋は、白金高輪にある「肉庵 小滝野」です。ここでは絶品の牛タンが有名なお店。九州からわざわざ取り上げた希少な最高級の牛タンを一週間熟成させて提供してくれているんですよ。そしてそんな絶品牛タンを「牛タンしゃぶ」でいただくことができます。
しゃぶしゃぶに牛タンを使ってしまうなんてなんとも贅沢ですね。普段は味わえないリッチな味に大満足間違いなしです。店内はシックで大人な雰囲気の古民家風。デートや女子会にも絶対おすすめなお店ですよ。

詳細情報

ikyuRestaurantで見る

東京都港区白金1-14-10

3.46 260

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【2】金蔦 / 六本木

続いてご紹介するのは、六本木にある「金蔦」です。こちらのお店では、もつ鍋、水炊きに続く博多第3の鍋として考案されたオリジナルの「博多炊き肉鍋」をいただくことができます。鍋のふちに盛られているのは、ネギやキャベツなどの野菜と、肉の山!
これはインスタ映え間違いなしですね。肉の山と野菜たちをザクザクと崩して召し上がってください。鍋の中央には「牛テール」のスープが入っており、具材をそこにくぐらせて食べるのが正しい食べ方。自分の好みを開発しましょう。

詳細情報

【3】とりなご / 恵比寿

続いて紹介する肉鍋は、恵比寿にある「とりなご」です。看板メニューは「京鴨のロース」を使った鴨すきで、鮮やかに盛られたお皿はインスタ映え間違いなし。美しいですね。京都が本店なだけあって、どこか上品ないでたち。
店舗のみでなく、ネットでもお取り寄せ可能なんだそうです。これはありがたいですね。家で鴨鍋パーティをする、なんて夢のような冬が叶ってしまうわけです。他にも鶏料理がたくさん充実しています。お酒のお供にありがたいですね。

詳細情報

【4】鴨とワイン Na Camo guro / 中目黒

続いて紹介するのは、中目黒にある「鴨とワイン Na Camo guro」です。こちらは、国産の最上級の鴨肉をワインと一緒にいただける鴨料理の専門店。この店でいただけるのが、鉄鍋で香ばしく鴨肉を焼いて完成する「鴨すき」です。
鴨肉はしっかりと脂がのっていますが、くどくないのでペロリと食べてしまえます。すき焼きならではの香ばしい匂いもたまらなく、ワインとの相性抜群です。コースでは、鴨すき以外にも、鴨串焼きなど鴨の様々な部位を使った料理が登場し、鴨の魅力を再発見することができますよ。

詳細情報

【モツ鍋編】

続いてご紹介するのは、「モツ鍋」。モツとは鶏獣の蔵物のことで、ホルモンとも呼ばれていますね。こりこりとした食感が特徴で、いつ飲み込めばいいんだ?とやきもきしてしまう幸せなもどかしさも。東京都内のもつ鍋の名店をご紹介します。

【1】博多もつ鍋 蟻月 / 恵比寿

1つ目にご紹介するもつ鍋が食べられるお店は、恵比寿にある「博多もつ鍋 蟻月」です。こちらのお店は都内でも有名なもつ鍋で、もつ鍋を食べたいなら蟻月、と言われるほどその名が通っている名店です。
都内には5店舗あるモツの名店です。ぷりぷりで、とろとろの牛の小腸は、口に含んだとたんにふわっととろけてしまうんだとか。それに負けない、キリッとスパイスがきいたニンニクのスープにも大満足すること間違いなし。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する