• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
食べて遊んで癒されて。プーケット、パトンビーチエリアの1日プランはこれだ

タイはもちろん、アジアの中でも人気のビーチリゾートであるプーケット。物価も安く、時差もたったの2時間なので、思い立ったらすぐに行ける南国リゾートです。ビーチで遊んだり、本場のタイ料理を堪能したり、極楽のスパで癒されたり、ナイトライフを楽しむのがプーケットならではの魅力。そこで、プーケット観光のハイライトでもあるパトン・ビーチ・エリアを思う存分楽しむ1日プランをご紹介します。 (※掲載されている情報は2017年12月に公開されたものです。必ず事前にお調べください。)

このまとめ記事の目次

プーケットの基本情報

タイの人気ビーチリゾートであるプーケット。プーケットに行くには、日本から直行便はないためバンコクを経由するのが一般的です。バンコクまでの所要時間は5時間半から7時間ほどで、バンコクからプーケットは、約1時間半。時差は、タイの方が2時間遅いです。
タイの乾季は11月から3月。11月、12月は、雨が少なく気温も比較的低いため、旅行するには最適です。そしてベストシーズンである1月から3月は、晴天の日が続き、海も穏やかななので、マリンアクティビティをするには絶好の気候です。

【11:00】パトン・ビーチを散策

photo by travelvibes
まずは、プーケットのメインビーチである「Patong Beach(パトン・ビーチ)」へ。パトン・ビーチまで徒歩で行ける距離のホテルも多く存在しますし、少し離れたホテルの場合は無料シャトルバスがあることも。白砂浜のきれいなビーチに着くと、南国の島に来たことを実感できます。
photo by travelvibes
photo by travelvibes
乾季の海は穏やかで、海水浴やパラセーリングなどのマリンアクティビティが人気です。午後になると、大勢の人で賑わうので、海風に当たりながらのんびり過ごすなら午前中がおすすめ。また、ビーチ沿いの遊歩道には屋台が並んでおり、アンダマン海に獲れた海鮮の塩焼きが売られていたりします。

詳細情報

  • 112 Thaveewong Road, ตำบลป่าตอง Patong Beach, ภูเก็ต タイ
  • +66 76 340 442

【12:00】大型ショッピングモール、ジャンクセイロンへ

「Jungceylon(ジャンクセイロン)」は、パトン・ビーチ・エリアの中心部にある巨大なショッピングセンター。パトン・ビーチから一本入った通りにあります。4つのエリアに分かれており、ショップやレストラン、カフェはもちろん、スパやシアターもあり、必要なものは全て揃っていると言っても過言ではありません。

ショッピングの前にまずは腹ごしらえ

photo by travelvibes
photo by travelvibes
ジャンクセイロンはかなり広いため、まずはフードコートに行って昼食を食べましょう。ジャンクセイロン内のフードコート「Food Bazar(フード・バザール)」は清潔感があり、中華やエスニック料理など約20軒が並んでいます。街の屋台で食べるよりは少し高いですが、衛生面に関しては屋台より安心していただけます。
photo by travelvibes
受付で現金をカードにチャージしてもらい、食べたいお店でカードを渡して清算するというスタイルです。料理のメニューも写真が貼られていて分かりやすいです。フードコート内でも十分本格的なプーケットの名物料理が味わえますよ。

タイのショッピングモールを堪能

お腹いっぱいになったら、タイらしい雑貨や洋服を見ましょう。お土産に良さそうなものがたくさん揃っています。もちろん世界的にメジャーな洋服ブランドやサーファーブランドも入っています。大型スーパーの「Big C」もモール内にあり、ばらまき土産を探すのも楽しいですよ。

小腹が空いたら

photo by travelvibes
ショッピングを終えたら、おやつの時間。30度ほどあるプーケットでは、やはりアイスは欠かせませんよね。日本の店舗はない「Dairy Queen(デイリークイーン)」のアイスクリームやシェイクは、ショッピングモール内でも大人気です。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する