• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
お茶ラテや和スイーツも。日本茶スタンドカフェ「八屋」千駄ヶ谷&代官山にOPEN

日本茶の新しい文化としての楽しみ方を提案する日本茶専門店「八屋(はちや)」が、千駄ヶ谷店を2017年12月1日(金)、代官山店を2017年12月5日(火)にオープンします。本来の日本文化の姿を現代にマッチするように仕上げた「和モダン」な店内で、美味しいお茶と和スイーツの組み合わせを楽しんでみてはいかがでしょうか。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

日本茶スタンドカフェ「八屋」千駄ヶ谷&代官山にOPEN

オープン日:千駄ヶ谷 2017年12月1日(金)/代官山 2017年12月5日(火)

日本茶の新しい文化としての楽しみ方を提案する日本茶専門店「八屋(はちや)」が、千駄ヶ谷店を2017年12月1日(金)、代官山店を2017年12月5日(火)にオープンします。
“日本茶を新しい文化として現代に再構築”をコンセプトに、人気ファッションデザイナーがお店を総合プロデュース。「八屋」オリジナルの煎茶・ほうじ茶・玄米茶をメインに、茶筅(ちゃせん)でつくるお茶のラテ、お茶に合う和菓子など、ナチュラルで素材の味にこだわった商品を提供してくれます。
茶筅を使用し、抹茶を点(た)てるように粉末のお茶とミルクを混ぜ合わせてつくるお茶ラテは、その様子を目の前で披露してくれるので、新しい日本茶文化の姿を知り、味だけでなく見た目にも楽しめるようになっているのだとか。
お店で手作りするオリジナルの「煎茶ソーダ」。煎茶の味を活かしながらもさっぱりとした飲み口で、これまでにないお茶の楽しみ方に出会えますよ。「フルーツ入り煎茶ソーダ」は、煎茶のジュレと季節の果物がゴロゴロ入った、味も食感も楽しめるスイーツ感覚のお茶になっています。
そのほかにも、無形文化財である鎚起銅器(ついきどうき)を扱う玉川堂(ぎょくせんどう)のこだわりの急須で淹れた、茶葉本来の旨味を堪能できるシンプルなお茶や、日本の四季を感じられる限定メニューも登場するのだとか。

日本茶の新しい楽しみ方を知る。

いかがでしたか?本来の日本文化の姿を現代にマッチするように仕上げた「和モダン」な店内で、美味しいお茶と和スイーツの組み合わせを楽しんでみてはいかがでしょうか。

詳細情報

■八屋(はちや)
<千駄ヶ谷店>
オープン日:2017年12月1日(金)
営業時間:9:00~19:00
<代官山店>
オープン日:2017年12月5日(火)
営業時間:9:00~19:00
  • 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-1-8
  • 0363686647
  • 東京都渋谷区恵比寿西1-16-9
  • 0363684423

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する