• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
日本を代表する平和と絶景の街。今こそ行きたい”冬の長崎県”絶景スポット9選

外気の冷え込みが厳しくなり、外に出るのもやや躊躇いを感じる季節になってきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。年末ということで忙しくなってくるこの季節、冬の旅行の楽しみがあれば大変な仕事も乗り切れそうですよね。今回は冬のお出かけスポットとして絶景や冬にはうれしい温泉などが充実している長崎県をご紹介します。(※掲載されている情報は2017年11月現在のものです。事前に調べておくことをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

①長崎新地中華街 / 長崎市

ライトアップ開催期間:2018年2月16日(金)~3月4日(日)

「長崎新地中華街」は神戸、横浜と並ぶ日本三大中華街の一つです。こちらでは冬の長崎県を代表するイベントとして有名な「長崎ランタンフェスティバル」が開催されます。もともとは長崎県新地中華街の人たちが中国の旧正月を祝う行事であったイベントを、1994年に規模を拡大し、それ以降長崎の冬の一大風物詩として日本全国にその名が知れ渡ることとなりました。
町中に飾られるランタンの数はおよそ1万5000個。中華街を中心に会場は各地に設けられており、それぞれの会場で趣の異なるランタンライトアップを楽しむことができます。点灯時間は22時まで。会場の近くの宿泊施設に泊まれば夕食後や温泉に入った後に、ランタンを眺めながら夜のお散歩も楽しめますね。

詳細情報

  • 長崎県長崎市新地町10−13
  • 095-823-7423

②ハウステンボス / 佐世保市

こちらも言わずと知れた長崎県佐世保市の観光地である「ハウステンボス」。「ハウステンボス」とはオランダ語で「森の家」という意味。東京ドーム33個分にも相当する広大な敷地には、緑に生い茂る樹木と17世紀のオランダを再現した町並みがここでしか味わえない異国情緒溢れるロマンチックな雰囲気を演出しています。
by -
「ハウステンボス」内には、季節によって姿を変える四季折々の花々の様子を一年中楽しむことができます。冬にはイルミネーションイベントも行われ、ガーデンや樹木がイルミネーションで煌く一方、冬でも逞しく咲き誇る花々も美しく照らし出されます。施設内部にはショッピングやレストランも充実しています。こちらも冬の長崎県を旅する上ではかかせないスポットでしょう。

詳細情報

eparkMamakoeで見る
  • 長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1 ハウステンボス
  • 0570-064-110

③出島町 / 長崎市

佐世保市にはハウステンボスのようなオランダの異国情緒を感じるスポットがある一方、長崎市内の「出島町」には古き良き日本の町並みを味わえるスポットが残されています。こちらの「出島町」は、かつて日本が鎖国状態にあった200年間の間に唯一西洋に開かれていた貿易の窓口です。明治時代にはその役割も終えましたが、今からおよそ60年前に長崎市の人々が観光地として復元に着手しました。
「出島町」の復元が着手されて以降、今もなおその復旧作業は続いています。最近では平成18年に5棟、平成28年に6棟が新たに復元され、一般公開が始まりました。まだ行ったことないという人も、何回か行ったことがあるという人も、これまでより進化した「出島町」に出会えるかもしれません。ぜひこの冬は古き良き日本の町並み情緒を味わいに出かけてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

  • 長崎県長崎市出島町6-1
  • 095-829-1194

④石岳展望台(いしだけてんぼうだい) / 佐世保市

佐世保市にある「石岳展望台(いしだけてんぼうだい)」は、眼下に広がる九十九島(くじゅうくしま)を見渡せる長崎県有数の景勝地です。ハリウッド映画「ラストサムライ」のロケ地にもなったことで有名で、その景色を一度は拝もうと国内外問わず多くの観光客が訪れます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する