次のおでかけはここ!東京都内の“食べ歩きにぴったりな街&おすすめグルメ”をご紹介

最近毎回のおでかけやデートがマンネリ化してきてしまったな...とお悩みの方はいませんか?そんな方におすすめしたいのが東京で食べ歩き。美味しいものを1度にたくさん楽しめる食べ歩きは、幸せな気分にしてくれること間違いなし!今回はそんな食べ歩きにぴったりな東京都内の街&おすすめのグルメをご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

下町情緒あふれる街「浅草」

浅草寺や雷門など、国内外の人々から人気を集める観光スポットも多くある浅草。雷門をくぐった先にある仲見世通りを中心に、様々なグルメが充実しています。(※仲見世通りは食べ歩きが禁止となっています)

おすすめスポット:浅草花月堂

浅草を食べ歩きする際にでおすすめしたいお店が浅草でメロンパンブームを起こしたお店「浅草花月堂」。名物の「ジャンボめろんぱん」は顔の大きさくらいある大きなメロンパンで外はカリカリ、中はふわふわの最高の食感。独自の発酵方法により、他のメロンパンとは比べ物にならないほどのふんわり感を味わえる点が特徴です。

おすすめスポット:九重

浅草食べ歩きグルメといえばおまんじゅうを天ぷらで揚げた「あげまんじゅう」。そのなかでも特に「九重(ここのえ)」のあげまんじゅうは絶品です。抹茶やごま、カスタードクリームなど種類豊富で、どれを食べるか迷ってしまうほどです。サクサクの衣に濃厚な餡がの組み合わせがクセになる美味しさで一度食べたら病みつきになります。

流行の最先端!「原宿」

流行のグルメが多く集まる原宿には、竹下通りを中心として流行最先端の食べ歩きグルメが多く集まっています。また、カラフルなビジュアルのフォトジェニックな食べ歩きも楽しめるのが魅力的です。

おすすめスポット:TOTTI CANDY FACTORY

おすすめはかわいいお菓子とスイーツのお店「TOTTI CANDY FACTORY(トッティキャンディファクトリー)」。お店の名物であるふわふわでカラフルな綿あめ「原宿レインボー」はとにかく大きくインスタ映えすること間違いなしです。また色によって味が異なっておりグルメとしても楽しめます。かわいくて美味しいスイーツを味わいたい方はぜひ訪れてみてください。

おすすめスポット:LONG! LONGER!! LONGEST!!!

写真のような超ロングサイズのトルネードポテトが食べられるお店「LONG! LONGER!! LONGEST!!!」。「LONG」、「LONGER」、「LONGEST」の3種類からサイズを選べ、一番大きなサイズの「LONGEST」は、なんと全長52cm!写真に収めるのも一苦労な、食べ歩きグルメです。

老舗が連なる歴史ある街「麻布十番」

ご紹介する街は、「麻布十番」です。都心に近いロケーションながら、老舗が多く下町情緒溢れる麻布十番。商店街もあり、おいしいグルメが揃っている麻布十番はまさに食べ歩きにはうってつけ!比較的人通りが少ないのも、嬉しいポイントです。

おすすめスポット:浪花家総本店

1909年に創業し100年以上の歴史を持つ、老舗の名店「浪花家総本店」。名物のたい焼きは皮が薄いことが特徴で、中にはぎっしりあんこがつまっています。食べても、食べてもあんこが途切れない至極の一品です。どこか懐かしく、優しい味わいがたまりません。

東京都港区麻布十番1-8-14

3.53 15109
  • 〜¥999
  • 〜¥999
パリパリたいやき

(味の感想は★からです) 今回のお店は【浪花家総本店】さん。 1909年から続く老舗のたい焼き屋さん。 麻布十番の雑式通り沿いにお店はあり、たい焼き屋さんではありますが、他にも焼きそばだったり、二階にカフェスペースもあったりする。 人気の焼きそばもそそられましたが、今回は【鯛焼】を2匹買って、近くの公園で頂くことに。 日曜日の公園は子供達でとても賑わっていました。周りを見渡すと私みたいに鯛焼きの紙袋を持っておられる方がちらほら。 まぁ、男一人で寂しく食べているのは私だけでしたが。 公園の緑を眺めながら食べる鯛焼きもまた一興。一人ゆえの贅沢な時間。(と言っておく) それではいただきます。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜★ ★・鯛焼   180円 鯛焼きは頭から派と尻尾から派がいるそう。 私は断然頭から。それではパクリ、、、 おう!サクふわ!これは美味しい! 薄めの皮ですが、しっかりとモチっと系ではなくて、しっかりとサクッ!っとした歯応えがあります。この食感はたまらない。 あんこも甘すぎず、甘くなさすぎずの丁度の塩梅。 またあんこの量も多すぎず、少なすぎずでかなり食べやすいのも嬉しい。 胴体部分のサクッとした食感とあんこの甘さをしっかり堪能。 お次は尻尾。尻尾はサクッではなくて、カリッ!のギリギリのラインを攻めた焼き加減。 あー、尻尾まで美味しいってこう言うことなのか。納得だ。 鯛焼きって意外と焼き加減だったり、皮の厚さだったり、餡子の感じだったりと好き嫌い分かれる印象でしたが、浪花屋さんの鯛焼きは誰にでも勧められる鯛焼きですね。 シンプルにバランスが良い。 これはますます焼きそばも食べたいし、カフェでコーヒーと一緒に楽しみたい。 うーん、楽しみだ。 それではごちそう様でした。 美味しかったです。

おすすめスポット:Gelateria Marghera

「Gelateria Marghera(ジェラテリア マルゲラ)」本店がミラノにある本格派のジェラート専門店。イタリアでは超人気店で毎日行列が絶えません。そんな人気店のジェラートが日本の麻布十番でも楽しむことができます。本場の濃厚な「ジェラート」ぜひ味わってみてください。

日本の台所「築地」

東京湾の河口部に面しており、日本の台所とも名高い「築地」。新鮮な海鮮が有名なイメージですが、食べ歩きに向いている美味しいグルメ充実しています。活気ある街、築地でぜひグルメを堪能してみてください。

おすすめスポット:さのきや

鯛ではなく、マグロの形をしたユニークなシルエットが特徴な「さのきや」の「まぐろやき」。特注の型で作られており、築地の「さのきや」でしか味わうことができせん。十勝産小豆を使用した餡は甘さが抑えめに作られており、あっさりとして食べやすい点が特徴です。「たい焼き」ならぬ「まぐろ焼き」は築地に来たら一度は食べたいグルメです。

東京都中央区築地4-11-9築地市場場外

3.67 962
  • 〜¥999

おすすめスポット:築地山長

築地の食べ歩きグルメといえば「卵焼き」ですが、特におすすめしたいのが「築地山長(やまちょう)」。串に刺さった卵焼きのの「串玉」は出汁が効いており絶品です。長蛇の列ができることもある人気店ですが、時間をかけてでも食べる価値ありですよ。

東京都中央区築地4-10-10

3.41 1698
  • 〜¥999
  • 〜¥999

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

食いしん坊OLみーこ📍 Tokyo🗼‘96 | foodstagram
🗣️ よく食べよく飲むOLのおいしい備忘録
📝 主に食べ飲み/ランチ/チーズケーキ / パンの記録
🍭 MORE公式インフルエンサーズ

このまとめ記事に関して報告する