• はてぶ
  • あとで
現実逃避のしすぎに注意。帰るのが辛くて逆に訪れたくない“世界の秘境”12選

世界には数多くの絶景が存在しますよね。そんな絶景の中でも“秘境”と呼ばれる場所にあり、一度訪れてしまったらもう二度と帰りたくなくなってしまうようなものもあります。そこで今回は訪れたら帰りたくなくなってしまうから逆に行きたくない世界の秘境12選を紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどから事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① ランペドゥーザ島 / イタリア

まず最初にご紹介するのはイタリア「ランペドゥーザ島」です。ランペドゥーザ島は地中海のシチリア島にあるイタリア領最南端の島で、透明度の高い、澄んだ美しい海で知られています。日本からはイタリアで飛行機を乗り継いでいくことができます。
ランペドゥーザ島の海はとにかく透明度が高いことが魅力です。その透明度の高さは、海の上の船がまるで宙に浮かんでいるように見えるほどです。ランペドゥーザ島では海に潜ったり、ビーチでのんびりするのがおすすめです。

詳細情報

② トゥルム遺跡 / メキシコ

続いてご紹介するのは、メキシコにある「トゥルム遺跡」です。11世紀~15世紀頃に栄えたマヤの城塞都市であるうトゥルム遺跡は、そんなに広範囲に遺跡群が広がっていないので1時間程度の散策で見て回ることができます。
マヤ文明の歴史ある遺跡を巡りだけでなく、目の前に広がる絶景ビーチを満喫することもできます。真っ白な砂浜と澄み切ったブルーのカリブ海はまさに秘境。ここで数日過ごしたら日々の生活に戻れなくなってしまうかもしれませんね。

詳細情報

③ インターラーケン / スイス

続いてご紹介するのはスイスにある「インターラーケン」です。スイスのリゾート地とも言われているインターラーケンは、山や森や湖などこれでもかというほどの大自然に囲まれています。自然でリフレッシュしたい人にはぴったりです。
パラセーリングやキャニオニング、スキーなど大自然を身近に体験できるアクティビティが多くあります。周囲を山脈に囲まれたまるでおとぎ話の世界のような光景に癒されてみてください。日常を一気に忘れてしまいそうですよね。

詳細情報

④ プロヴァンス / フランス

続いてご紹介するのは、フランスにある「プロヴァンス」です。ラベンダー畑や石畳の道、たくさんのワインテイスティングが楽しめるフランスのプロヴァンスは贅沢でゆっくりとした時間の流れの中で旅をしたい人にはぴったりです。
パリからTGVと呼ばれる高速列車でおよそ3時間半で雄大な大地が広がるプロヴァンス。自然を感じる、文化を体験する、のんびりくつろぐ、南仏の料理に舌鼓を打つなど様々な楽しみ方をできるのがプロヴァンスの魅力です。

詳細情報

France provance

3.23 04

⑤ ヴィクトリアフォールズ / ジンバブエ・ザンビア

続いてご紹介するのはアフリカ大陸、ザンビアとジンバブエの国境にある「ヴィクトリアフォールズ」です。こちらの滝は世界三大瀑布のひとつ、ユネスコの世界遺産にも指定されています。その迫力からアフリカで最も人気な観光スポットの一つです。
ヴィクトリアフォールズには様々なアクティビティがありますが、中でもスリリングなのが滝の淵ぎりぎりのところに自然とできた「デビルズ・プール」です。滝を最も近くで見ることができますが、安全の保障はないので気をつけてお楽しみください。

詳細情報

⑥ サントリーニ島 / ギリシャ

続いてご紹介するのはギリシャにある「サントリーニ島」です。サントリーニ島の特徴は何といっても島に溢れる真っ白とドアや屋根に使われている青のコントラストです。目に入るものすべてが美しく見えてしまう世界有数の絶景スポットです。
街の中だけではなく、白い街並みと青い海や青い空のコントラストも思わず目を惹かれるほど美しいです。遠くから街並みを眺めるのも、街の中に入って近くから見るのも良しです。まるで別の世界に飛び込んでしまったかのような感覚を味わうことができます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Zaibatsu-KaitaiSUISUI星人

このまとめ記事に関して報告する