• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
海外旅行をもっと楽しむために!7つの“時差ボケの対策&解消法”とは

海外旅行の大敵、時差ボケ。せっかくの海外旅行なのに、時差ボケで眠くて眠くて楽しめない…なんて悲しいですよね。個人差はありますが、時差ボケは出発前からの準備と、到着後の行動で軽減することができるのです。今回は、知っておきたい7つの時差ボケ対策&解消法をご紹介します。日本に帰って来てからの時差ボケにも有効ですよ。(※掲載されている情報は2017年12月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

到着前

【1】数日前から旅先の時間に生活リズムを徐々に合わせる

※写真はイメージです

時差ボケの対策・解消法1つ目は、「数日前から旅先の時間に生活リズムを徐々に合わせる」ことです。旅行先に行って、いきなり現地の時間に合わせて行動するのは至難の業です。旅行前は何かと忙しいかと思いますが、寝る時間を1~3時間前後ずらしてみましょう。

※写真はイメージです

日本から東方面に旅行する時は早寝早起き、西方面に旅する時は遅寝遅起きです。これはスケジュールによって難しい時がありますが、寝る時間だけでも少しずつずらしてみると効果的です。こうして潜在的に体内時計を現地に合わせていきましょう。

【2】時計の時間を変える

※写真はイメージです

時差ボケの対策・解消法の2つ目は、「時計の時間を現地時間に合わせること」です。これは飛行機に乗ったら初めにすることをオススメします。まずは視覚的に体内時計を現地時間に合わせていきましょう。

※写真はイメージです

時間と共に、行動も現地時間に合わせていきましょう。ごはんを食べる時間、寝る時間を変えていくことが、機内でできる時差ボケの対策の最も効果的な手段です。【1】の対策をしていると、より取り入れやすいですよ。

【3】機内食は配られた時間に食べる

※写真はイメージです

時差ボケの対策・解消法の3つ目は、「機内食は配られた時間に食べること」です。体内時計は食事の時間でもコントロールすることが可能です。機内食は、現地時間に合わせて配られることが多いため、配られた時に食べると時差ボケ対策に効果的です。

※写真はイメージです

あまり食べたくない時は、無理してたくさん食べようとしないで大丈夫です。少しでも現地に合わせたタイムスケジュールに体を慣らしていくことを意識しましょう。また、お酒の飲み過ぎは快適な睡眠を害すことがあるため注意ですよ。

【4】寝るための万全な対策を

※写真はイメージです

時差ボケの対策・解消法の4つ目は、「機内で寝るための万全な対策をすること」です。狭い機内では、なかなか寝付けませんよね。やっと寝られたと思っても、明るくなったり音がしたりしてすぐに目が覚めてします。

※写真はイメージです

機内でぐっすり寝るために、アイマスクや耳栓を持参しましょう。また、気温調節のしやすい服装をすることもポイントです。体を絞めつける格好ではなく、リラックスできるものを着てみましょう。

到着後

【5】太陽の光を浴びる

※写真はイメージです

時差ボケの対策・解消法の5つ目は、「太陽を浴びること」です。現地に行ったら、まずは日向ぼっこをしてみましょう。食事や睡眠の時間を変えることも大切ですが、太陽を浴びることでも、体内時計をコントロールすることができるのです。

※写真はイメージです

現地に着いたらすぐに観光!としたくなりがちですが、まずはのんびりして時差ボケをいち早く治してみてはいかがでしょうか。その後の日程で時差ボケに困ることなく、旅行を思う存分楽しむことができますよ!

【6】適度な運動をする

※写真はイメージです

時差ボケの対策・解消法の6つ目は、「着いたら適度な運動をすること」です。旅行中に運動?と思ってしまいますが、散歩や少しのランニングで十分です。フライト中に滞った血液の流れをよくしましょう。

※写真はイメージです

プールや海あれば、到着した日に水に入ることも時差ボケ解消に有効な手段だと言われています。また、適度に運動をすることで、着いた日の夜から深い眠りにつくことができるのも嬉しいですよ。

【7】どうしても眠いときは仮眠を取る

※写真はイメージです

時差ボケの対策・解消法の最後は、「どうしても眠いときは仮眠を取ること」です。時差が大きいと、変な時間にどうしても眠くなる時ありませんか。そんなときは2時間以内の仮眠を取りましょう。

※写真はイメージです

夜にぐっすり眠るためにも、2時間以上寝ることはやめておきましょう。その時の体調や、これくらいの昼寝なら夜も問題なく寝れるといった体質を考慮して調節してみてください。このためにも旅行初日は無理のない計画を。

時差ボケ知らずの旅をしよう!

※写真はイメージです

7つの時差ボケ対策&解消法いかがでしたでしょうか。小さいことの積み重ねで、時差ボケにならずに海外旅行を楽しむことができますよ。長時間のフライトも、海外での生活も、気付かないうちに疲れを感じることが多いので、無理のない計画をしてみてください。(※掲載されている情報は2017年12月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

72natsu島と海が大好きです。

このまとめ記事に関して報告する