• はてぶ
  • あとで
寒さを超えて楽しむ“冒険の冬”。日本全国の冬旅におすすめの冒険プラン10選

旅はいつだってわくわくしますが、冬の旅をいつもよりわくわくさせたくないですか?ホテルに泊まって観光スポットを訪れるだけでは味わえない、まるで冒険のような旅を今回は紹介します。きっとあなたも冒険というスパイスがある冬旅をしたくなるはず。(※掲載されている情報は2017年12月現在のものです。訪れる際は事前に調べておくことをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①流氷の海を航海【北海道】

1つ目の冬旅は北海道で「流氷の海を航海」です。流氷が流れつく南限である北海道の知床や網走ですが、温暖化の影響で南限が高緯度地域に移動し日本で流氷が見れなくなってしまうかもしれません。見れなくなってしまう前に訪れておきたいですよね。
流氷の海を航海できる砕氷船は網走市にある「おーろら」と「おーろら2」、紋別市にある「ガリンコ号Ⅱ」の3船のみが観光用として活躍しています。乗船したい際は事前予約をしておきましょう。

詳細情報

②絶景の露天風呂にひたすら入浴【青森県・秋田県】

2つ目の冬旅は青森県・秋田県で「絶景露天風呂にひたすら入浴」です。秋が終わり、冬になると急激に冷えこみます。そんな冷え込んだ日には温かい天然温泉で身も心も温まりましょう。絶景を見ながら入る温泉は気持ちよさも2倍増しですよ。
海の絶景を望める青森県にある「黄金崎不老ふ死温泉」と山々に囲まれた秋田県にある「乳頭温泉郷 鶴の湯温泉」、山と海という、いかにも日本らしい大自然を感じることができます。

詳細情報

rakutenで見る

青森県西津軽郡深浦町舮作下清滝15 黄金崎不老ふ死温泉

3.63 557

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

jalanで見る

秋田県仙北市田沢湖田沢先達沢国有林50大釜温泉

3.78 14213

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③ロープウェイから蔵王の樹氷を展望【宮城県】

3つ目の冬旅は宮城県で「ロープウェイから蔵王の樹氷を展望」です。その奇妙な形状から“アイスモンスター”とも呼ばれている蔵王の樹氷。12月~3月初頭まではライトアップも行っています。1月27日(土)から3月4日(日)までは毎日開催ですが、1月末までは土日のみとなっています。(12月29日(金)~1月7日(日)までは毎日開催。)
樹氷は冬であったらいつでも見られるわけではありません。11月~12月は季節風で運ばれた雲粒により着氷と着雪で覆われはじめ、1月は風上に向かってエビの尾が発達し、着雪も増します。2月に最盛期を迎え、大きな樹氷に成長します。

詳細情報

④冬が旬の絶品食材を堪能【福井県】

画像はイメージです。

画像はイメージです。

4つ目の冬旅は福井県で「冬が旬の絶品食材を堪能」です。11月6日~3月20日までが漁期となっている“越前ガニ”は日本の冬を代表する食材です。冬の厳しい日本海が育んだ越前ガニは身がしっかりしています。
越前ガニの漁は、カニを取ってから2時間以内には港に戻るために鮮度が非常に良いと言われています。それに地元でいただくものはとても新鮮で普通に食べても美味しいカニが、さらに美味しく感じることでしょう。

詳細情報

福井県坂井市三国町宿1-16

3.39 334
甘海老てんこ盛り丼、がさ海老カツ丼。

夫が甘海老が食べたいというので、産地、三国までランチに行きました。 着いたら1組待ちで、すぐ入れました。回転よさげです。 私も甘海老、嫌いではないのですが、写真のように大量には要らなくて、夫のを5匹くらい食べて満足しました(笑)。甘くて美味しかったです。たれもほんのりで、甘えびの味をギュッとしている感じ。 私が食べたのは、がさ海老カツ丼。がさ海老のエビフライ、美味美味。甘海老みたく甘みが強くて、かつ甘海老を火に通したときよりも普通の海老に近い食感もある。玉子部分は、この見た目、言わずもがな。醤油が強めで、私はもうちょっと甘いのが好きだけれど、これはこれで完成されていました。写真2枚目のようなセットになっており、サラダもたっぷりでした。 2歳娘にも取り分けたのですが、ものすごーく気に入ってしまったようで、すごい勢いで食べていました。子ども用食器も貸してくださったし、個室だし、接客も柔らかくて、居心地がよかったです。 他にも気になるメニューがたくさんあり、真骨頂は蟹だろうけれど、それ以外でもまた行きたいです。

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑤日本一の星空で流れ星に願掛け【長野県】

5つ目の冬旅は長野県で「日本一の星空で流れ星に願掛け」です。2017年12月の22日(金)~23日(土)には「こぐま座流星群」が極大を迎え、2018年1月4日(木)~5日(金)には「しぶんぎ座流星群」が極大を迎えるので見に行きましょう。
画像はイメージです。

画像はイメージです。

「こぐま座流星群」は一晩中観測できる流星群です。出現数は平年であれば1時間に5個程度の出現が見込まれており、月明かりがなく観測しやすい条件と言われています。「しぶんぎ座流星群」は月明りがあり、観測条件は良くないものの、1時間あたり20個程度は見られると言われています。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Zaibatsu-KaitaiSUISUI星人

このまとめ記事に関して報告する