心洗われる“海の京都”。疲れたあなたにおくる“天橋立”の癒しスポット10選

広島県の宮島、宮城県の松島と並び「日本三景」のひとつに指定されている、京都府宮津市の天橋立(あまのはしだて)をご存知でしょうか。京都府の北部の丹後半島に位置し、海と山の大自然と、京都らしい歴史情緒を感じさせるスポットのコラボレーションは、疲れを忘れさせてくれる神秘的なスポットに溢れています。今回はそんな天橋立のおすすめ観光スポットをご紹介します。(※掲載されている情報は2017年12月現在のものです。必ず事前にお調べください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

①天橋立ビューランド

天橋立ビューランドは、文珠山(もんじゅやま)山上にある、天橋立を南側から一望できる展望所です。股の間から顔を出し、逆さまになった景色を見る「股のぞき」をすると、天と地が逆さまになり、まるで天龍が龍が天に舞い上がるような景色を楽しむことができます。そのことからこの天橋立ビューランドからの景観は「飛龍観」とも呼ばれています。
施設内には「股のぞき」をするための「股のぞぎ台」展望台を始め、アーチェリーや観覧車、メリーゴーランドなどの大人から子供まで楽しめる様々なアクティビティが充実しています。そんなアクティビティで体を動かした後は展望レストランで夕日を眺めながら夕食をとるプランなどはいかがでしょうか。家族で天橋立を訪れた際にはぜひ立ち寄りたいスポットです。

詳細情報

天橋立ビューランド

京都府宮津市文珠437天橋立ビューランド

3.12 10270
最高の眺め

まず駅により天橋立の展望台を2つ回ろうと決めていたので 駅内の観光案内所で 2つの展望台の リフトorケーブルカー(ゴンドラ)のついた 💴1200円の券を購入 同時に この券を持っていると遊覧船の割引が受けられるので、遊覧船の片道切符をその場で一緒に購入。 1人💴1700円で、2つの展望台と 片道の遊覧船を乗れることになります。 大変お得です。 天橋立を歩いて帰ろうと思ってたので 片道にしましたが、歩くのが嫌な方は 往復の遊覧船のチケットを 買うことを おすすめします。 さて こちら駅側の展望台ですが、駅から徒歩5分ほどのところにリフト乗り場があります。 踏切を渡るので、 タイミングによっては かなり 待ち時間があることがあります。 私たちは、リフトに乗りました。 ケーブルカー も用意があります。 天気、天候の良い季節にはリフトが良いと思います。 後ろに天橋立 が しっかり見えますが 降りる時に見た方がよく見えるかもしれません。 こちらの展望台は、股のぞき台もありますし、 カワラケ投げがあります。 そして何より奥の方に小さな子供が遊べる 簡易遊園地や、ピクニックができるような 公園っぽいところもあり、 楽しめます。 また、 展望回廊 があり、階段がありますが そこからの天橋立の景色は大変素晴らしいです❤️ 向こう岸の傘松公園の方にも行きましたが どちらかというと、天橋立の白い砂浜が 波のように見える、こちら側の方からの景色が 良かったと思いました。 かなり、おすすめです。 ちょうど 桜の時期で桜が満開。 素晴らしい景観でこちらに来れたことを 感謝するくらいでした‼️

天に舞う龍のように見える日本三景の一つ

京都の中心地から北へ車で1時間ほどの場所にある奥京都。 都会の雰囲気と打って変わって上の方は自然いっぱいの地となっています。 それゆえに日本〇〇選に選ばれるような場所が何か所もあります。 今回行った天橋立は自然の神秘を感じられ大変感動しました。 日本三景にも選ばれるほどの絶景。 綺麗な海と自然によって生み出された松の並木が自然を感じさせます。 また見る方角により景色が変わります。 今回は天橋立ビューランドより天橋立名物の見方である天に舞う龍を眺めてきました! リフトとケーブルカーがあるのでペット連れの方でもケーブルカーを利用して登ることが出来ます。 今までいろんな自然いっぱいの場所に行ってきたつもりでしたが、日本三景は想像よりはるかにすごい場所でした。 自然の凄さと恐ろしさを再確認しました。 天橋立ビューランドの股のぞきスポットでは写真撮影も行っているので記念に撮ってもらうのがおすすめ! そして、帰りのリフトでは下りながら天橋立を眺められるので写真映えがはかどります。 天橋立の公園は浜辺も散歩できるようになっており、綺麗な海を間近で見ることが出来ます。 日本の絶景を見たい方、自然の凄さを味わいたい方。 ペット連れもOKなのでペットと一緒に自然を満喫したい方などいろいろな人におすすめできる場所です! 有名観光地の為、人は多めですがそれでも都会から離れた場所なのでピーク以外は人が少なくてゆっくりできます。

②笠松公園(かさまつこうえん)

天橋立の北側に位置する笠松公園(かさまつこうえん)は、古くから天橋立を望む格好のスポットとして観光客から人気の景勝地です。こちらの展望台からも「股のぞき」による景色を楽しむことができますが、天橋立ビューランドからの展望台の景観が「飛竜観」と呼ばれていることに対し、こちらの笠松公園からの景観は「昇龍観」と呼ばれているそうです。
海抜130mに位置する笠松公園。敷地内には豊富な種類の展望台に限らず、マスコットキャラクターの「かさぼう地蔵」との写真撮影ができるフォトスポットや、お土産や限定グッズのショッピングや買い物が楽しめる施設もあります。天橋立旅行の思い出作りには、ぜひこちらの笠松公園にも足を運んでみてはいかがでしょうか。

詳細情報

③旧三上家住宅(きゅうみかみけじゅうたく)

開館時間 9:00~17:00

平成8年に、主屋をはじめとする8棟が国のの重要文化財にも指定された商家の住宅、旧三上家住宅(きゅうみかみけじゅうたく)をご紹介します。旧三上家住宅は、江戸時代に酒造業等を営む「元結屋(もっといや)三上家」の住宅でした。外観の白壁の造りが美しい天橋立有数の観光名所です。
館内の一般開放も行われており、大人は350円で内部の見学をすることができます。京都府指定の名勝の庭園は、奥座敷からのながめがよくみえるようにつくられており、季節による木々の変化も楽しめます、館内の古い家財などの展示物も係の方の案内付きで楽しむことができます。

詳細情報

④天橋立ワイナリー

開館時間 10:00~17:00

天橋立の絶景を目の前に臨むぶとう畑を有するこちらお天橋立ワイナリーは、ワインを製造工程から楽しむことができる施設です。館内ではガラス越しに醸造タンク・瓶詰室を見学できるほか、本場さながらの地下セラーまでもが、無料で見学できます。
こちらのワイナリーでは、敷地内のぶどう畑で収穫された糖度と酸味のバランスが絶妙のぶどうを、純国産のまま楽しむことができます。天橋立を眺めながら、ほど良い酸味のワインを飲みながら過ごす極上のひと時を、こちらで過ごしてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

⑤廻旋橋(かいせんきょう)

こちらの廻旋橋(かいせんきょう)は、天橋立と文殊堂のある陸地をつなぐ橋で、船が通るたびに90度ずつ旋回する珍しい橋です。多い日には1日に50回近く回ることもあるため、観光客からの撮影スポットとして人気を集めています。
大正12年に完成した当初は手動で橋を回転させていましたが、船の交通量が増えたことに伴い昭和35年から電動式となりました。旋回中でも橋の上の通行は自由ですが、くれぐれも川に落ちないようにだけはご注意ください。

詳細情報

⑥天橋立神社(橋立明神)

海を縦断する天橋立の中にひっそりと佇むこちらの天橋立神社(橋立神宮)をご紹介します。恋愛成就のパワースポットとして人気の場所で、天橋立駅から徒歩15分ほどの場所に位置しています。天橋立の龍伝説が残っている神社で八大龍王が祀られているそうです。
周囲を海に囲まれ、波の音と木々が風に揺れる音しか感じさせないその光景は、あまりにも神秘的で時間の流れを忘れてしまいそうです。すぐ横には日本名水の「磯清水」があり、海に囲まれていながら真水が湧く不思議な井戸として有名です。飲むことはできませんのでご注意ください。

詳細情報

天橋立神社

京都府宮津市文珠天橋立公園内

- 028

⑦外湯 天橋立温泉「智恵の湯」(そとゆ あまのはしだておんせん ちえのゆ)

営業時間 12:00~21:00

天橋立駅の横にある、こちら「外湯 天橋立温泉「智恵の湯」(そとゆ あまのはしだておんせん ちえのゆ)」は、宮津市内唯一の外湯施設にです。「知恵の湯」はという名前は、あの「三人寄れば文殊の知恵」で有名な日本三文殊の1つである知恩寺の知恵と健康が授かるよう祈ってつけられたことが由来になります。
知恵の湯では、露天風呂を始め手足湯、つぼ湯などのユニークな温泉も楽しむことができます。外湯施設なので宿泊はできませんが、駅のすぐ横という立地から、旅行の行き帰りの際に少しのんびりしたいときに立ち寄るには最適な立地です。旅の疲れを癒したいときには、ぜひこちらの施設のご利用はいかがでしょうか。

詳細情報

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する