• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
移動も特別なひとときに。この冬乗りたい国内ローカル列車9選【北海道・東北】

目的地まであっという間に着く飛行機や新幹線の旅も良いですが、たまにはローカル列車でのんびり目的地を目指す旅もいかがでしょうか。ゆっくり走るローカル列車は、車窓からの絶景を見逃すこともなく、各停車駅ならではの魅力やおもてなしを味わうこともできます。今回は、この冬乗りたい国内ローカル列車を北海道・東北に注目し、ご紹介します。(※掲載されている情報は2018年1月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

このまとめ記事の目次

①宗谷本線(そうやほんせん) / 北海道

「宗谷本線(そうやほんせん)」は、「旭川駅」と日本最北端の駅である「稚内駅(わっかないえき)」を結ぶ全長259.4㎞の鉄道路線です。線路の両側には酪農地帯の広大な風景が広がり、「サロベツ原野」に差し掛かるころには日本海側に、「利尻島(りしりとう)」の利尻富士が雄々しくそびえたつ姿が見えてきます。
稚内駅は駅員常駐の有人駅であるため、日本最北端の無人駅はこちらの「抜海駅(ばっかいえき)」になります。北海道のさらに北部にあたる非常に寒さの厳しい地域になりますが、冬にはそんな気候にも負けずに雪をかけわけて走るたくましい電車の姿に心打たれること間違いないでしょう。

詳細情報

  • 北海道稚内市中央3-6
  • 北海道稚内市抜海村クトネベツ

②富良野線(ふらのせん) / 北海道

「旭川駅」から「富良野駅(ふらのえき)」をつなぐ「富良野線(ふらのせん)」をご紹介します。富良野の「ラベンダー畑」、「美瑛(びえい)」をはじめ、沿線地域に観光スポットが充実していることから道内随一の観光列車とも言われています。
沿線にあらゆる絶景が楽しめることで有名な「富良野線」。中でも「美馬牛(びばうし)駅」と「上富良野(かみふらの)駅」の間に見えてくる「十勝岳連邦(とかちだけれんぽう)」は、見逃せないビューポイントでしょう。天気が良ければ山頂の噴火口から湧き上がる噴煙も観測できます。

詳細情報

  • 北海道空知郡中富良野町基線北15
  • 0167393939
  • 北海道空知郡上富良野町国有無番地
  • 0166-92-4378

③釧網本線(せんもうほんせん) / 北海道

「釧網本線(せんもうほんせん)」は、「東釧路駅」から「網走(あばしり)駅」までをつなぐ全長166.2kmの鉄道路線です。冬には「釧路駅」~「標茶(しべちゃ)駅」間で、SLの特別運行もあり、雪が降り積もった真っ白な釧路湿原を勇ましく走り抜けるその姿を一目見ようと、全国から多くの観光客が訪れています。
車窓から風光明媚なオホーツク海を見渡せることでも人気な「釧網本線」。冬には海岸に流氷が流れ着き、厳しい寒さが築き上げた世界を、暖かい車内の中から眺めることができます。広大な大自然の中をたくましく生きる野生動物の姿も見逃せません。

詳細情報

  • 北海道網走市南3条東

④花咲線(はなさきせん) / 北海道

こちらの「花咲線(はなさきせん)」は、全長443.8㎞の「根室本線」の道東部分、「釧路駅」から「根室駅」間のことを指します。手つかずの自然地帯の中を駆け抜ける列車は、日本最東端の町である根室を目指し突き進んでいきます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する