• はてぶ
  • あとで
超スーパー地下アイドル!兵庫『GINZAN BOYZ』に会いに行こう

次々とアイドルが登場し、時代はアイドル戦国時代。そんな現代に、世界一深い地下でおとなしく活動してきた超スーパー地下アイドル『GINZAN BOYZ』が注目を集めようとしている。はたして彼らは何者なのか?その正体を探ってみた。(※掲載されている情報は2017年12月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

時代はアイドル戦国時代

次々と女性アイドルグループやご当地アイドルグループが誕生。そして、その周りには熱狂的なファンの姿が。世代を超えて愛されるアイドルたちはどの時代も社会をにぎわさせてきた。そんなアイドル界に異色のアイドルグループ『GINZAN BOYZ』が波風を立てようとしている。

『GINZAN BOYZ』とは?

こちらが現在、じわりじわりと認知度を広げ、メディアにも取り上げられることが増えてきている超スーパー地下アイドル『GINZAN BOYZ』。BOYSとあるが、メンバーの中には女性もいるようだ。
普段は880メートルの地下を中心に活動しているという彼ら。2017年7月26日(水)にはお披露目イベントが開催され、デビュー曲「ギンギラ銀山パラダイス」を披露した。なんとフランス語バージョンもネット上で公開されており、海外進出も視野に入れていると思われる。
出典:www.youtube.com

GINZAN BOYZ 「ギンギラ銀山パラダイス -GGGZPDS-」

兵庫県朝来(あさご)市の史跡・生野銀山にて、 おそらく日本一、あるいは世界一深い地下で活動する“超スーパー地下アイドル” 「GINZAN...

『GINZAN BOYZ』のメンバーは?

メンバーもなかなかの個性派ぞろいだ。はっきりとした顔立ちはりりしく、やや昭和臭さも感じさせる。また衣装も独特でけっして綺麗で華やかとは言えない。いったい彼らは何者なのか。
なんとメンバーは総勢60名。イケメン男性が中心だが、女性メンバーも数人いる。メンバーは基本的に鉱山で働く労働者スタイルの格好をしている。クリスマスなど季節にあったコスプレも披露しているようだ。

で一体何者?

ここまで冗談かの様に紹介してきましたが、いったい彼らは何者なのでしょうか?「GINZAN BOYZ」とは、朝来市生野町小野の史跡・生野銀山の地下に展示されていたマネキン人形のアイドルグループなんです。
1973年に閉山した兵庫県の生野銀山の史跡では、坑道や資料館で労働者達を再現したマネキンが設置され当時の様子を紹介していましたが、来客数が増えず、その中で生野銀山の知名度アップのために『ギンギラ銀山パラダイス』というプロモーション動画が作られました。

生野銀山とは

兵庫県朝来市にある生野銀山(いくのぎんざん)は室町時代から銀の採掘がはじまった非常に歴史ある銀山です。1973年に閉山するまで掘り進んだ坑道の総延長は350km以上、深さは880mの深部にまで及びます。
現在は観光として、全長約1kmの坑道を40分かけて巡る坑道内コースを案内してもらうことができ銀山の歴史を学ぶことができます。坑道の中は一年を通して平均14度とひんやりとしています。他にも鉱山資料館で歴史を学んだり、銀のすくいとり体験をしたりできます。

詳細情報

  • 兵庫県朝来市生野町小野33-5
  • 0796792010

超スーパー地下アイドル『GINZAN BOYZ』に会いに行こう

生野銀山は兵庫県の真ん中に位置しており、車で行くか生野駅から路線バスで行くのがおすすめです。バスの本数は多くなにので、必ず事前に確認しておいてくださいね。
もちろん、生野銀山の随所で「GINZAN BOYZ」の姿は見られますが、クリスマスなど特別なイベントも開催され、地下ではなく地上でのイベントも開催されます。ぜひ、チェックしてみてください!

『GINZAN BOYZ』のブレイクは近い?

ちょっと気になる超スーパー地下アイドル『GINZAN BOYZ』いかがだったでしょうか?なんだかブレイクしそうな予感がするような、しないような。今後の活動にも注目です!
(※掲載されている情報は2017年12月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する