• はてぶ
  • あとで
シンガポールの穴場観光地!「タイガービール」の工場見学に行くべき理由とは

最近人気沸騰中の海外旅行先と言えば、東南アジア。日本からもそれほど遠くなく時差も少ないので、弾丸で旅行をするのにもぴったりなんですよ。そんな東南アジアの国々の中でも特に人気を集めている「シンガポール」の穴場観光スポットを、今回はご紹介いたします。(※掲載されている情報は2017年12月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

人気の海外旅行先、シンガポール

みなさん、シンガポールの観光地と言われてどこを思い浮かべますか?船の形をしたプールがホテルの上に乗った「マリーナベイサンズ」や「マーライオン」、近代的な植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」など、様々な主要観光スポットがありますよね。
シンガポールは国土面積が東京23区と同じくらいととても小さく、短い時間で主要な観光スポットを回りきることができてしまいます。今回はそれだけでは物足りない!という方におすすめの穴場観光スポットをご紹介します。

あの「タイガービール」の工場見学ができる!

そんな穴場観光地が「Asia Pacific Breweries(アジア・パシフィック・ブリュワリー)」です。こちらはシンガポール発祥のご当地ビール、「タイガービール」の工場で、その製造過程を見学することができるんですよ。中心部から離れたところにありますが、車で30分ほどで行くことができます。
実際に工場でビールが作られている様子を見学することができるだけでなく、映像を通じてタイガービールの歴史を学ぶことができたり、ビールに使われている原料を見ることができたりと、盛りだくさんなんです。
その他にも美味しいビールの注ぎ方のレクチャーを受けることもできますよ。お土産にぴったりなタイガービールのグッズも販売されています。栓抜きやジョッキなどからTシャツまでバラエティ豊富で、見ているだけでも楽しめます。

こだわりの内装が素敵すぎる!

こちらの工場では、こだわりの可愛い内装も魅力的なんです。まずは工場の建物外にある、大きなタイガービールのオブジェ。迫力のあるオブジェは、写真映えすること違いありませんね。
他にもタイガービールの缶を使って作られた、マリーナベイサンズやマーライオンなどの有名な観光スポットも必見です。細かいところまで忠実に再現されており、思わず感動してしまいますね。
他にもタイガービールをはじめとする様々なビールを使った展示がされており、どれも写真を撮るのにぴったりですよ。ぜひ素敵な写真をたくさん撮って、周りの友だちに自慢しちゃいましょう!

最後にはビールの試飲も楽しめる!

最後にはお待ちかねの、ビールの試飲を楽しむことができます。なんとこの試飲、45分間好きなだけビールを飲むことができちゃうんです。美味しいビールが飲み放題だなんて、ビール好きにはたまらないですよね。
気になるタイガービールのお味ですが、苦みが少なくあっさりとした飲み心地で、常夏で暑いシンガポールの気候にぴったりなんですよ。タイガービールの他にもANCHORやレモン味のラドラービール、ハイネケンやギネスなどのビールも飲み放題ですよ。

シンガポール旅行の際に、ぜひ訪れて!

いかがでしたか?あなたもシンガポールに旅行する際には、穴場観光地の「タイガービール」の工場に訪れてみてはいかがでしょうか。なお、今回ご紹介した工場見学は、事前にネットでの予約が必要なのでお気を付けくださいね。
(※掲載されている情報は2017年12月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

スポット情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する