• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
1週間頑張った私へご褒美を。今週末行きたくなるアジアの世界遺産7選

一週間お疲れ様です。日々疲れがたまってしまい、リフレッシュしたいというあなたへ。せっかくなら週末を使ってアジアの世界遺産へ海外旅行に行きませんか?アジアには数多くの世界遺産があり、どれも魅力的です。そこで今回世界遺産検定2級取得者である筆者が今週末行きたくなるようなアジアの世界遺産をご紹介していきます! (※掲載されている情報は2017年12月に公開されたものです。必ず事前にお調べください。)

このまとめ記事の目次

①ボロブドゥール寺院遺跡/インドネシア

まず最初に紹介する今週末行きたいアジアの世界遺産は「ボロブドゥール寺院遺跡」です。ジャワ島中部のケドゥ盆地にあるこちらの世界遺産は、世界最大級の仏教寺院です。一歩足を踏み入れれば、きっと圧巻されてしまうはず!
世界三大仏教遺跡と言われているこちらの世界遺産は、火山の大噴火により千年もの間火山灰の下に埋もれ、人々から忘れられていましたが、1814年に発見されたのをきっかけに発掘調査と修復が開始され、ついに1991年に世界文化遺産に登録されました。どこか神秘的な雰囲気を漂わせるボロブドゥール寺院遺跡は週末旅にも最適!

詳細情報

  • Jl. Raya Yogya-Solo KM. 14 Kalasan, Tirtomartani, Kalasan, Kabupaten Sleman, Indonesia
  • +62 274 496402

②アンコール遺跡/カンボジア

続いて紹介するアジアの世界遺産はカンボジアにある「アンコール遺跡」です。東南アジアの世界遺産で最も有名であるといっても過言ではないこちらの世界遺産は9世紀初めから15世紀前半にかけて栄えたクメール王国のアンコール王朝が残した遺跡です。
アンコールワットは西を正面としており、午前に写真を撮ると逆光になるため、午後の観光がおすすめです。日の出が美しく、そのため早朝に多くの人が訪れます。美しい寺院を見れば一週間の疲れも癒されるはず!

詳細情報

  • angkor wat, Siem Reap, Cambodia

③マカオ歴史地区/中国

続いて紹介するアジアの世界遺産は「マカオ歴史地区」です。マカオといえば中華人民共和国の特別行政区ですが、かつてはポルトガルの植民地であったため、東西が融合したユニークな文化が残されています。
photo by mball
噴水があることで有名なセナド広場は、アジアにいながらどこかヨーロッパな雰囲気を感じ取ることができます。ほかにも教会や劇場などポルトガルの影響が残る美しい建築物が残されているマカオ歴史地区は、ヨーロッパの雰囲気を味わうことができるおすすめスポットです。

詳細情報

  • 澳門半島, マカオ, 中国
  • 0753152081

④済州の火山島と溶岩洞窟群/韓国

続いて紹介するアジアの世界遺産は「済州の火山島と溶岩洞窟群」です。韓国のリゾート地である済州島は、島全体が世界自然遺産として認定されており、美しい大自然と絶景を堪能することができます。
日本からも近い済州島は180万年前から起きた火山活動で作られました。そのため島には火山がもたらした荒々しくも美しい景観がいくつも見られます。‟韓国のハワイ”とも称される済州島はリラックスしたい週末旅にもぴったりです!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

marroncreamもんぶらんおいしい

このまとめ記事に関して報告する