• はてぶ
  • あとで
時代はお団子スイーツだ。東京都内の一味違うお団子スイーツ10選

昔から日本で愛され続けるお団子。もちもちとした食感はどんなに食べても食べ飽きないですよね。それに加えてあんこやみたらしといった味は和風のものが好きな人や甘いもの好きの人にはたまらない。そこで今回は東京都内で一度は食べてみたいお団子スイーツを紹介していきたいと思います。(※掲載されている情報は2019年10月に公開されたものです。必ず事前にお調べください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①羽二重団子 / 日暮里

まず最初に紹介するのは日暮里にある老舗のお団子屋さん「羽二重団子(はぶたえだんご)」です。このお店は1819年の創業のかなり歴史あるお店なんですよ。店内もレトロな雰囲気で、お団子屋さんにふさわしい内観です。
このお店の一味違うポイントは「しづくあん」です。このお団子はまるで羽二重の如く、きめが細かいと称された物で、このお店の看板メニューの一つとなっています。また文豪たちが愛したメニューを再現したセットもあるので、そういった点も楽しめるポイントの一つです。

スポット情報

②新鶯亭 / 上野

次に紹介するのは、上野にある「新鶯亭(しんうぐいすてい)」です。このお店は大正4年から続く老舗で、昔から人々に愛されてきました。上野恩賜公園の中にあり、美しい庭園の中にひっそりと佇むその姿は美味しいお団子の予感を感じさせてくれます。
この新鶯亭の一味違うポイントは、名物の鶯だんごです。抹茶餡、小豆餡、白餡の3種類の鶯団子は、甘さ控えめでかつ柔らかいので何度でも食べたくなる味です。おでんなどの軽食も提供しているほか、夏になるとかき氷なども提供しています。

スポット情報

東京都台東区上野公園9-86

3.51 38

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③浅草きびだんご あづま / 浅草

次に紹介するのは、浅草にある「浅草きびだんごあづま」です。このお店は江戸時代に実在していた仲見世のきびだんご販売を実演しているお店です。実演販売とあって江戸時代の粋な雰囲気を出しながら売っています。
そんなあづまの一味違うポイントは、きびだんごです。こちらのお店では、普段はなかなか食べる機会のないきびだんごを出来立てあつあつの状態で食べることができます。夏には冷やし抹茶などもいただくことができるので、浅草らしさを味わうことができるスポットです。

スポット情報

東京都台東区浅草1-18-1 浅草きびだんごあづま

3.96 38104

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

④甘味みつや / 浅草

次に紹介するのは、浅草にある「甘味みつや」です。かき氷や、寒天、くずきり、白玉などのメニューをたのしむことができる甘味処です。さまざまなメディアで話題になったこちらのお店をご存知の方は、多いのではないでしょうか?清潔感のある店内でさまざまな和スイーツを食べることができますよ。
そんな甘味みつやの一味違うポイントは、みつ白玉です。きなこやずんだ、みたらしなどのメニューがあります。白玉の上にそれらがトッピングされています。作り立ての白玉が食べられます。シンプルだけど、もちもちな食感はクセになりそうですよね。

スポット情報

⑤茂助だんご / 豊洲

次に紹介するのは、豊洲にある「茂助だんご」です。あんみつや寒天、ところてんなどといった和スイーツの他にも、おにぎりやお茶漬けといった和食を食べることができます。和菓子も食べることができるので、普段食べない方は生菓子などを購入してみるのもいいかもしれません。
そんな茂助だんごの一味違うポイントは、茂助だんごです。茂助だんごの種類は、醤油、つぶ餡、こし餡の3種類があります。それもシンプルなメニューですが、甘過ぎないメニューでどれも人気です。どれもリーズナブルな価格で楽しむことができますよ。

詳細情報

東京都江東区豊洲6-6-1管理施設棟302

3.50 39

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑥寛永堂 / 目白

次に紹介するのは目白にある「寛永堂」です。こちらのお店は京都の四条に本店を持つ和菓子のお店で、東京にも麻布十番や四ツ谷に店舗があります。黒豆を使ったデザートが売りで、目白の店舗にはイートインスペースがあります。
そんな寛永堂でいただける一味違ったお団子スイーツは、まろのおみたです。この商品は京風のみたらしを柔らかいお団子で包んだスイーツです。まさに逆みたらし団子のような感じで、新食感がクセになる味わいです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • モッチモチ食感のスイーツと聞くと、色々なものが浮かんできますよね。そんなモチモ…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

siesta0248三度の飯より昼寝が好きです。

このまとめ記事に関して報告する