• はてぶ
  • あとで
オーロラのベストシーズンと観測できる地域まとめ

一生に一度は見てみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。今回はオーロラのベストシーズンや、オーロラが見える地域とその特徴を比較してみました。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

オーロラのベストシーズンはいつ?

オーロラには季節による出現率の増減はないので年中観測することができますが、夜が長い冬がベストシーズンだとされています。夏は場所によっては白夜が起こり空が暗くならないということが起こり得ます。また、晴れの日が多いかどうかや月の明るさ(満ち欠け)なども観測に影響してくるので、考慮しておくと良いでしょう。

オーロラはどうして発生するのか

太陽の表面では不定期に爆発が起こっており、これによって電子や陽子などの微粒子が宇宙空間へ放出されます。これを「太陽風」といい、それが地球の酸素原子や窒素原子とぶつかって発光しオーロラが生じます。赤と緑の光は酸素原子から、ピンクの光は窒素原子から生じていると言われています。
太陽風は地球の地磁気に引き寄せられるので、南極圏や北極圏などの極地方でよく見ることができます。オーロラは環状に発生し、オーロラが見られる地帯は「オーロラベルト」と呼ばれます。

オーロラはどこで見られる?

上で述べたとおり、オーロラは北極・南極にある地磁気の極を中心に環状に広がっています。南極にあるオーロラを見るには南極まで行かねばならないため、一般にオーロラを見ると言うと北極圏のオーロラベルトにある都市に行くことになります。

カナダ

カナダはオーロラの鑑賞地としては1,2位を争う人気を誇っています。特に有名なのはユーコン準州の「ホワイトホース」と、ノースウエスト準州の「イエローナイフ」です。どちらも人工物の灯りが少なく冬は晴れることが多い都市で、観測にはとても向いています。しかし、冬は寒さがとても厳しく、イエローナイフの1月の平均気温は−25度にまで下がります。
イエローナイフでは大型のグループで行くツアーが多いので比較的料金が安く、ホテルから移動して鑑賞施設で観測するかたちが一般的です。一方、ホワイトホースではロッジに滞在しつつゆったりと鑑賞するスタイルが多いという違いがあります。

yellow knife Canada

3.87 3431
一生の思い出

つい先日、友人とオーロラを見にイエローナイフに行きました。3日間見る予定だったのですが、行きの飛行機が欠航、3日間のうち初日の鑑賞は正直諦めていました。しかし、あまりに可哀想な私たちを時間外ではありますが、ツアーの方が鑑賞地まで送迎してくださり少ない時間ではありましたが3日間とも無事に見ることができました。鑑賞地に到着してすぐ、深夜12時頃、2〜3%しかみることのできないとっても貴重なオーロラを見ることができました。それはまるで風になびくカーテンのような、緑やピンクなど鮮やかな色彩、かつ大空いっぱいにオーロラが広がっていました。あまりの壮大さ、自然の素晴らしさに感動して号泣してしまいましたが、なんせマイナス30度の世界。涙もすぐ凍りました、、、(笑) 3日間のうち初日と最終日にとーっても素敵なオーロラを見ることができました。現地の方?(オーロラ鑑賞地で働いてる方)とお話をしていると、イエローナイフは周りに山が少なく気候も安定しているため、かなり高確率でオーロラが見えるとのことでした。オーロラを見に来るなら是非イエローナイフだよ!!とおっしゃってました。まさにその通りだと思います。しかし見えやすいと言ってもオーロラは自然現象ですので、私は3泊以上することをおすすめします。オーロラを見に来ている方は学生さんから年配の方まで年代層はかなり幅広いように感じました。カップルで来ていたりお友達と来ていたり、一人で来ている方もいらっしゃいました。 是非是非イエローナイフでオーロラを見ることをお勧めします!!!!

アラスカ(アメリカ)

アラスカのフェアバンクスという都市を中心に観測することができます。晴天率が高く、日本からの距離も近いのでツアーも多く組まれています。1月の平均気温は-23度ほどです。

北欧(ノルウェー/フィンランド/アイスランド)

ノルウェーのトロムソや、フィンランドのサーリセルカ、ロバニミエ、アイスランドのレイキャビクからツアーが出ています。北欧はカナダやアラスカに比べると暖かく、ノルウェーのトロムソだと平均気温は-10度前後です。しかし、これは暖流の上通る海風が吹き込んでくるからで、つまりは曇りの日が非常に多いです。観光ついでにオーロラも見れたらいいなあという方向けです。

Ísland, Reykjavík

写真を投稿する
- 00

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する