• はてぶ
  • あとで
コーヒー×トフィー!大阪の「バルイェット トフィー コーヒー」が気になる

コーヒーのお供と言えば、みなさんは何を思い浮かべますか?苦味のあるコーヒーは甘いスイーツとの相性抜群ですよね。特にコーヒーとチョコレートの組み合わせはお好きな方も多いのではないでしょうか?ここでは、そんな方にぜひおすすめしたいコーヒーとチョコレートを一緒に楽しむスタイルを提案する、大阪・天王寺にある「BALYET TOFFEE COFFEE(バルイェットトフィーコーヒー)」についてご紹介します。(※掲載されている情報は2017年12月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

コーヒー、何と一緒に楽しむ?

※画像はイメージです

みなさんはコーヒーを飲むとき、何と一緒に楽しみますか?苦味のあるコーヒーには甘いスイーツがよく合いますよね。コーヒーはそれだけでしか飲まないという方も、たまにはスイーツと一緒にいただくとホッと癒された、なんていう経験をしたこともあるかもしれません。

「コーヒー × トフィー」の相性は抜群!

※画像はイメージです

ここでご紹介するのは、「コーヒー × トフィー」というスタイルを提案する「BALYET TOFFEE COFFEE」(バルイェットトフィーコーヒー)です。こちらで提供されるトフィーは、キャラメルの上にチョコレートをコーティングし、さらにそこにフルーツやナッツなどがトッピングされたお菓子です。

「BALYET TOFFEE COFFEE」で新感覚のカフェ体験を!

こちらの「BALYET TOFFEE COFFEE」はの大阪の天王寺の複合施設「天王寺ミオ」の中にお店を構えています。コンパクトなお店はとっても洗練されたシンプルなデザインで、おしゃれです。店内のガラスケースには、お店自慢のトフィーがずらりと並びます。
ドリンクも個性的なラインナップで、トフィーとの組み合わせを楽しむことができます。コーヒーにはアラビカやイチマルニブレンドなどの豆が使用されており、チョコレートコーティングがされたトフィーによく合います。

こだわりのドリンク

ドリンクのバリエーションも個性豊かなものが揃っています。コーヒーやカフェオレだけでなく、「レモンスカッシュ」や「メープルソーダ」など気になるものばかりです。すっきりとした甘さもトフィーとの相性抜群です。
そのほかスムージーもあるんです。小松菜とアボカドにピスタチオ風味のグリーンスムージーや、ベリーをたっぷり使用した可愛らしいピンク色のスムージー、さらに毎月1日に新しいものが登場する「マンスリースムージー」というものもあります。

トフィーの種類も豊富!

トフィーも全部で7種類あります。ブラックチョコレートの大人味のものから、ホワイトチョコレートの女子向けで可愛いものまで個性豊かです。7種類全て味わえるセットもあり、お持ち帰りもできるのでちょっとした手土産にも最適です。

PISTACHIO NO6

「PISTACHIO NO6」はほろ苦いビターチョコレートの上にピスタチオがトッピングされており、コーヒーとの相性抜群です。ピスタチオの風味もアクセントになっています。

STRASGO

「STRASGO」はホワイトチョコレートがベースになっており、そこに真っ赤ないちごと、ラズベリーがトッピングされています。マンゴーも入っており、それぞれ異なる酸味と甘みがくせになる美味しさです。

FIGS & WALNUTS

「FIGS & WALNUTS」は、いちじくとくるみがトッピングされたトフィーです。つぶつぶしたいちじくと、香ばしいカリカリのくるみの食感のコラボが美味しいんだとか。これらの他にもココナッツやカシューナッツ、パンプキンシードなどを使用したトフィーもあるので要チェックです。

素敵なカフェタイムを

いかがでしたか?大阪・天王寺の「BALYET TOFFEE COFFEE」では、コーヒーとトフィーという新感覚の組み合わせのカフェスタイルを楽しむことができます。今までとは一味違ったカフェタイムをぜひ味わってみてくださいね。
(※掲載されている情報は2017年12月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

スポット情報

大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-39

3.12 026

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する