四ツ谷の人気スポットランキング

四ツ谷のスポットを探すならRETRIPで。 このページには「四ツ谷」 に関する30件のまとめ記事、1,780件のスポットが掲載されています。 「四ツ谷」 に関するスポットをランキングやおすすめ順でご覧いただけます。

四ツ谷の検索結果
  • [[ keyword ]]
[[ (page - 1) * spot_page_size + 1 ]]〜[[ (page - 1) * spot_page_size + 15 < spot_search_results_count ? (page - 1) * spot_page_size + 15 : spot_search_results_count ]]件 ⁄ [[ spot_search_results_count ]]件
「[[ previous_location ]]」×「[[ previous_category ]]」×「[[ previous_scene ]]」 の条件に当てはまるスポットが見つからなかったため、「四ツ谷」の検索結果を表示しています。
1
予約する

a La Bouteille

東京都新宿区四谷1-8-14 4谷1ビルB1階/ ワインバー フレンチ ビストロ

【蝦夷鹿野ステークアッシェと自家製ベーコンのポワレ@à La Bouteille(東京・四ツ谷)】

2017年7月12日オープンの日本各地の生産者の想いが詰まった食材とフランスを中心に揃えたワインとのマリアージュが楽しめるビストロ『à La Bouteille(アラブテイユ)』。⠀ ⠀ カジュアルフレンチコースとワインペアリングを注文。 季節の前菜・前菜・お魚料理と経て登場したのは「蝦夷鹿野ステークアッシェと自家製ベーコンのポワレ」👀✨⠀ ⠀ ⠀ それでは、いただきバーグ🍴⠀ ⠀ ⠀ 蝦夷鹿に豚肉を少々加えたというミンチ肉は適度な肉感とともに噛みしめる度に力強い旨味楽しめる美味な仕上がり〜🦌🐖✨  そこにポルト酒を加えたポワヴラードソースがあわさることでさらにおいしさ倍増〜🐥✨  というわけで、心地よい燻香楽しめるイベリコ豚の自家製ベーコンをあわせての華麗なるワインマリアージュ発動〜🍷✨  ⠀ 他にも ・マッシュルームのポタージュ(アミューズ) ・長野県産信州サーモンのマリネ(季節の前菜) ・福島県会津若松産馬肉のタルタル(前菜) ・千葉県館山産神経締めのスズキと葡萄の葉のパイ包み焼き(お魚料理) ・ソーテルヌ2009(食後酒) ⠀   とソムリエさんの厳選ワインペアリングとともに存分に堪能~😋✨⠀ 駅近にありながらも隠れ家的な居心地の良い空間でいただくソムリエ店主さんの丁寧な説明のワインとシェフの随所にこだわりが感じられるお料理を堪能することができてめっちゃ癒やされた〜✨ 普段使いとしてはもちろん、ちょっとした記念日にももってこいのホスピタリティ抜群のビストロだぁね〜(^3^)/⠀

ワイン好きにおすすめ!落ち着いた隠れ家ビストロ

【à La Bouteille】東京・四ツ谷 —————————————————— ◼︎落ち着いた隠れ家ビストロ ◼︎ワイン好きに超おすすめ ◼︎産地にこだわった食材と味付けのお料理 —————————————————— 【記録】 四ツ谷徒歩3分くらいにある隠れ家ビストロの 「à La Bouteille」さん! 平日の19時に予約してお伺いしました! 素材にこだわったお料理とワインペアリングが楽しめます! ワインは今まで飲んだことがないものをたくさん頂けて、最高〜🍷 食材やワインに関する知識が豊富で、 食べたり飲んだりするスピード気にかけてくれた素敵な店主さんとシェフ! とっても楽しい時間が過ごせました!!! ——-食事——- ◼︎枝豆のポタージュ なめらかでさっぱり!夏の終わりを感じます! ◼︎縞鯵のカルパッチョ 茗荷を使ったさっぱりソース! 縞鯵は新鮮でプリプリ〜 プチプチなとびっこと合わせてるので、食感が楽しい! ◼︎馬肉のタルタル 会津若松の馬は小さな馬を使ってるらしく、ほぼ赤身で旨味がすごい! そのまま食べるても美味しけど、 サマートリュフと甘口なワインソースと合わせると深みが増す! 超おいしい〜!好き〜 ソースの醤油は小豆島の4年熟成のものを使っているらしく、 コクがあってまろやか〜! ◼︎スズキと葡萄の葉のパイ包み焼き ハーブ入りのソースがさっぱりクリーミー! パイはサックサクで、スズキはホワホワジューシー! 葡萄の葉は柏餅の葉っぱみたい! ◼︎鴨胸肉のロースト とろっとしてて、お肉とよく絡むソース! コリアンダーを入れてるらしく、 アールグレイみたいな風味がよき〜 優しい味わいの国産鴨をソースで優しく包み込む感じが好き! ◼︎ヌガーグラッセ ほわほわの口溶け! キャラメルのカリカリとピスタチオの香ばしさな最高! ◼︎ガトーフロマージュ 若干の塩気がいい!しっとりな口溶け〜 ——-ワイン——- ①Yves Louvet Champagne (イヴ ルーヴェ シャンパーニュ) 40ヶ月熟成(通常は12〜24ヶ月) 100%シャルドネ とってもまろやか ②Domaine Loew (ドメーヌ・ローヴ) 甘口でとってもフルーティー! 脂の乗った縞鯵ととっても合う! アルザス リースリング ③Gavalas Voudomato Rose (ガバラス ウゾマト・ロゼ) 甘酸っぱい香りで、ジューシーでミネラルな味わい! 珍しい葡萄の育て方(日差しと風よけでぐるぐる巻きで育ててる) ギリシャサントリー島で0.5%しか育てらない希少種 ④Anne Boisson Bourgogne Aligoté (アンヌ・ボワッソン ブルゴーニュ アリゴテ) やや果実味を感じるしっかりさわやかな酸味 キリッとしていて淡白なスズキと合う ムルソーの生産者が作ってる ⑤Dom. Joseph Roty Gevrey Chambertin (ドメーヌ・ジョセフ・ロティ ジュヴレ・シャンベルタン) ベリー系の香り 熟成されてて滑らかな口当たり 広域として販売されてるけど、特別な地域のワイン —————————————————— ・カジュアルフレンチコース ¥4950/人 ▷熊本県天草産神経締め縞鯵のカルパッチョ〜茗荷とベビーリーフを散らして〜 ▷福島県会津若松産馬肉のタルタル〜クレソンのサラダ小豆島醤油とポートワインのソース〜(+¥1100) ▷ 千葉県館山産神経締めのスズキと葡萄の葉のパイ包み焼き〜ハーブを加えたブールブランソース〜(+¥2530) ▷青森県産津軽鴨胸肉のロースト〜アンディーブのブレゼと共に、濃縮フォンドヴォーのソース〜(+¥2200) ▷カフェ(コーヒーor紅茶) ・ヌガーグラッセ ¥715 ・ガトーフロマージュ ¥715 ・ワインペアリング(100ml / 4杯) ¥6600

2

鮨 三谷

四ツ谷駅から302m東京都新宿区四谷1-22-1/ 寿司

3

たいやき わかば

四ツ谷駅から376m東京都新宿区若葉1-10/ 和菓子 たい焼き・大判焼き カフェ・喫茶

4

炭火焼肉なかはら

東京都千代田区六番町4-3 GEMS市ヶ谷9階

おすすめまとめ記事

5

一条流がんこラーメン 総本家

東京都新宿区舟町4-1 メゾンド四谷106/ ラーメン

ぐっどもーにんぐ

四ツ谷三丁目を代表する人気ラーメン屋。1983年創業。“弟子をとって2人で営業。軌道に乗ると弟子に店を譲り、別の場所で新たな弟子と開業”を繰り返して名店を生み出したレジェンド、一条安雪氏が2022年4月に引退後「一条流がんこラーメン総本家」から屋号を「一条流がんこ総本家分家 四谷荒木町」へ変更。このお店にはベーススープに種類があり、週末は特別素材を出汁に使用したスペシャルが多く、平日は透き通ったスープの上品、濁ったスープの下品好きな方を選べる。初めての人に大変良心的なお店だが、事前にTwitterで並び方などを確認しての来店がオススメ。 ◆場所 四ツ谷三丁目から徒歩3分 ◆営業時間 9:00~13:00(L.O.) 日曜営業 ◆定休日 不定休 ◆混雑状況 休日の昼に足を運びました。 11時前でしたが15人ほど並んでいました。食券を購入して並ぶ方式。並び方はTwitter (@ganko_yotsuya)を要確認。 ◆本日は【スペシャルラーメン】(¥1300)+【味玉追加】(¥100)を注文。 このお店は、上品、下品、不純、スペシャルの4種類のベースとなるスープがあり、日毎に塩加減や、具材などが全く異なる。土日はスペシャルが多いようで、今回は沖シジミのラーメンだった。Twitter(@ganko_yotsuya)を要確認。 1人席が空き、2人で来店している人が多かったため先に入れていただく。食券が店内になく、並ぶ前に食券を買わないといけないことに気づいたが、「初めて?買いに行って大丈夫ですよ」と店主が話しかけてくれてホッとした。 その後、席に着くと「今日は沖シジミのスープです。貝はアレルギーとか大丈夫?」と丁寧に説明していただいたり、初心者に優しく丁寧な接客に食べる前から好感度が上がる。 ラーメンは座ってから5分待たずに到着。スープは評判通り、舌にヒリッとする塩辛さを感じつつも、しょっぱすぎず、まろやかな印象。塩、醤油どちらでもないが、ベースの旨みとしじみの風味をしっかりと感じられる。 トッピングは大判チャーシューと薄切り豚肉を醤油ベースの煮汁で煮染めた“悪魔肉”のみというシンプルな構成。悪魔肉はほんのり甘さがあって噛み応え十分。追加で注文した味玉はちょうど良い硬さで、オレンジ色の黄身がひょっこり顔を出す。 特徴的な黄色の麺は極細麺で硬め。この硬さだと博多ラーメンのバリカタのように、ネチョネチョとしたり、粉っぽさを感じそうだが、そうならないギリギリを攻めているところに暦年のこだわりを感じた。 2、3日経ったら塩辛さが恋しくなってしまいそうなラーメンでした。

悪魔的くせすごラーメン。

(味の感想は★からです) 今回のお店は【一条流がんこラーメン総本家】さん。 四ツ谷にありますは、ラーメンマニアなら一線を画す、避けては通れないレジェンド店。 私も行こう行こうと思い続けて、3年。笑 当日のブログでお休みかどうかが決まるのですが、悉く振られ続けて行けず仕舞いでした。 ようやくの初訪問。 時刻は9時半ごろ。 お店のオープンは9時から。 すでに15名ほどの待ち。これでもけっこう少ないっぽいね。 前日のブログにラーメンのお出汁の内容が出ます。だいたい限定みたいなのの日は並ぶっぽいですね。この日は純正と呼ばれるものみたいだったので、並びは穏やか。 並び方はまぁ、口で説明するのは難しいし、初見ではよくわかりません。とりあえず一番後ろっぽい人に聞いて、その後ろからついて行けば大丈夫です。特にルールがあるわけではないっぽいので、気負わずに。 回転はけっこう速いですね。 30分くらいで店内へ。 店内はいかにもって感じの雰囲気。 ラーメン屋さんの厨房の中にお邪魔しているかのような独特な感じ。でも二郎みたいにピリピリはしていません。意外と柔和。 私初見だったので、初めてですーって言ったら家元さん自ら出汁を嗅がせてくれます。 清湯系と濁ってるタイプの二種類。 上品?と呼ばれる清湯系は貝のお出汁の良い香り。 対して濁っている方は匂いからも滋味深さを感じる重厚なお出汁の香り。 わかりやすく清湯の方が美味しそうな匂いでしたが、元から純正の濁っている方が食べたかった私は「こっちで」と濁っている方をオーダー。 家元さん推し推しの青唐辛子をトッピングしてもらい、すぐさま着丼。はっやい。 夢に見た悪魔肉。 それでいて重厚すぎるお出汁の香り。 めっちゃ旨そう。 それではいただきます。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜★ ★・雪(並)   1100円  提供時に「これが、雪です!」と仰っていたので、これが雪みたいです。 早速スープを一口、、、 うわぁ、、 旨い。美味しいね。じんわりだ。 がんこさんといえば、脳天貫くしょっぱ旨のイメージ。ですが、この雪は貝出汁のような、動物出汁のような重厚な出汁感が堪らなく旨い。 滋味深い少しの苦味と分厚い旨味。 確かに多少しょっぱさを感じるが、そこまでではない。かつては「下品」という名前だったスープとは思えないほど上品な旨味だ。一体上品はどんな味がするんだ。気になる。 麺は黄色い中細系の縮れ麺。 ポキポキとした食感と親しみやすいチープな味わいは、このスープにしか合わせることを許されないってくらい絶妙な相性。かなり好き。 麺量も並200g。ほとんどの人が大盛りにしていましたが、初見さんや女性の方は並で良いと思います。 トッピングはどれも面白いですね。 がんこさんの看板トッピングの悪魔肉は抜群の塩気でご飯が欲しくなる味わい。なるほど、これの塩気が溶け出す事で、総本家さんのしょっぱ旨が完成するんですね。時間が経つ毎にスープの塩気がチューンアップされていきまする。 大判のチャーシューもトロトロ。 いつまでやるかはわからない青唐辛子のサービスもめちゃくちゃ美味しいですね。 ただ辛さを増すのではなく、旨味もグンと引き上げてくれている印象だ。 後から調べてみたら雪は酒粕も加えているみたいです。なるほどだからこその、この上品さなんですかね。 なんにせよ、元々人気のあったメニューに更に改良を加えるこの向上心を見習わなければなりません。 実際にお店に行ってみたら、特に何も心配することもなく、噂が一人歩きしているなぁって印象は正直。 わからないことはかなり丁寧に教えてくれるし、お店の雰囲気もかなり柔らかいですしね。 決して初心者に優しくはありませんが、厳しくもありません。 なんにせよ、普通のラーメン屋さんとして、一度は食べておきたい一杯を提供してくれるお店というのは間違いないですね。 次回は上品を是非とも。 限定も気になるけど、ここはまずはレギュラーメニューを制覇しよう。 それではごちそう様でした。 美味しかったです。

6
予約する

Jour de Marche

曙橋駅から300m東京都新宿区四谷坂町12-11BITEN1F≫/ ワインバー フレンチ モダンフレンチ

曙橋から徒歩5分程度。一本路地に入った住宅街にあるレストランなのですが、まずそのビルの奇抜なデザインに心躍ります。中の入ると入り口から温かな雰囲気で、目に入ったモダンな風景から癒されていくようです。グレーと優しい木の温もりがミックスされた内装で、とても居心地がいい。カウンターとテーブル席があり、用途に応じて使い分けができます。 こちらのオーナーシェフは榎本奈緒子氏。女性シェフです。都内にあるレストランにて約5年フランス料理を学び、本場リヨンの星付きレストラン[ニコラ・ル・ベック][レ・テラス・ド・リヨン]にて磨き上げた技術と共に2015年[Jour de Marché(ジュードゥマルシェ)]をオープンされました。途中イタリアンなども経験されており、そんな片鱗も少し垣間見られ、日本人が食べてもちょっとほっとするようなメニュー構成。しっかりソースも作り込み、また女性ならではの繊細で、甘さなどのアクセントも加えながら、キリリとした仕上がりになったりと丁寧に作っているのがわかります。 スペシャリテはフォアグラマカロン。ほうじ茶パウダーで作られたマカロンにフォアグラのクリームと木苺のジュレが挟まれた、リッチなフォアグラ料理です。ほうじ茶のほろ苦い感じがフォアグラとマッチし、木苺の酸味を加えることで余韻が印象的。美味しいからギフト用に販売したらいいのにと思っていたら、すでにテイクアウトとしても販売しているみたいです。これはいいです。 ランチ、ディナー共に2種類のコースがあるのですが私は今回12000円(もう一種は9500円)の高い方のディナーで訪問しました。コースの構成もしっかり考えられていて、優しい味わいを重ねた料理。ソースもしっかり作っています。甘さが所々に加わり、幅広い方々に受け入れられる料理だと思います。 お話していると榎本シェフは、さすがオーナーシェフを務めるだけあり芯はしっかりしていますが、とても控えめ。なるほど、この穏やかで優しい料理は、人柄を映し出しているな〜と思いました。 実はシェフに好きなレストランはどちらですか?という質問をしたところ、これまた私もその温かな料理と接客が素晴らしいレストランの名前が出てきました。 シェフのおしゃべりが楽しいレストランというのもありますが、こちらはどちらかというと、仲良しで訪れ自分たちの世界もしっかり見守っていてくれる感じ。 優しさ溢れる空間と、温もりあふれる料理が楽しめます。お値段も控えめでそのあたりも嬉しい。コースの2つの構成なので、その時の用途で選べ、贔屓にしたくなるレストランでした。

7

鈴なり

四谷三丁目駅から262m東京都新宿区荒木町7 清和荘1階/ 割烹・小料理

8

南方中華料理南三

東京都新宿区荒木町10-14 伍番館ビル 2F B/ 中華料理

珍味の数々!唯一無二のアジアンテイスト中華料理!

飲食店が多くひしめく車力門通りを抜けると少し怪しげなビルの2階に南三があります! オーナーシェフの好きな雲南料理、湖南料理、台南料理の3つの「南」から名付けた「南三」! 2018年にオープンしてから瞬く間に予約困難店となった南三の提供する料理は唯一無二! 珍味や様々なスパイスを使った料理は不思議と箸が進むと共に酒が進む! お酒はビールも良し、ワインも良し、紹興酒も良し! クセのある食材もバリエーション豊かな味付けや調理法でとても魅力的な逸品に! 見た目だけでは味が想像できないワクワク感はグルメには堪らず、終始楽しむことができた! みんな違ってみんな美味しかった! 全体的に東南アジア系の料理と中華料理の間のような感じだったが、1品1品丁寧に作り込まれているのがよく伝わってきた! あんまり得意ではないパクチーですらいいアクセントになる食材に変えてしまうオーナーシェフの計算し尽くされた料理に終始驚かされた! 決して万人受けする料理じゃないのは確かだがグルメの人は1度訪問すべきお店だし、魅力に気付くはず! 1人での予約はできないので好き嫌いがないグルメの友達を連れて訪問してみてください! <おまかせコース> ◆前菜盛り合わせ  よだれカツオ  白アスパラ アヒル塩卵カラスミ  ミル貝 カニ味噌 トマト醤  芽キャベツ 冬虫夏草30年切干大根 蕗の薹  雲南ハーブ牡蠣  酔っ払いエビ 枝豆 ◆珍味3種盛り  羊ウイグルソーセージ  豚大腸 ネギ パリパリ揚げ  鴨舌スモーク ◆筍 雲南トリュフ 衣笠茸 オムレツ ◆台南エビフライ ◆真鯛 蛤 白子 塩レモン蒸し ◆羊ロースト ニラリンゴソース ◆ホタルイカ 台湾風ビーフン ◆苺 パインシャーベット 桃の樹液 杏仁豆腐

おすすめまとめ記事

9

おでんやden

東京都新宿区四谷1-8 中川ビルB1階/ おでん

10

麺宿志いな

東京都新宿区四谷4-30-15 市川ビル 1階/ ラーメン つけ麺

11